太陽光発電システム

福岡県朝倉市K様邸にて、太陽光発電システムを設置しました!

福岡県朝倉市のK様邸にて、太陽光発電システムを設置しました!

福岡県朝倉市K様邸にて、長州産業の太陽光発電システム(CS-320G31)を設置させていただきました。

K様邸はスレート瓦の切妻屋根で、北西向きの屋根一面に8枚、南東向きの屋根一面に8枚の計16枚(5.12kWh)の太陽光パネルを設置しました。

太陽光発電システムとは、太陽の光エネルギーを利用して電気を発電するシステムです。

自然の太陽光エネルギーを活用する為、環境にやさしいクリーンな発電方法といえるでしょう。


太陽光発電システムは、エネルギー不足が囁かれる昨今では、世界的にも導入が進められている発電システムであるとともに、自然の力を利用するので電気代の節約にも繋がります。

 

《施行中》

屋根にパネルを取り付ける為、まず屋根全体に直接金属の接続パーツを取り付けていきます。

写真で黒く見える部分は、防水材料です。

このパーツは、屋根に直接穴をあけて埋め込んでいくので、雨漏り等が起こらないよう、

防水材料で丁寧に防水処理を施していきます。

 

次に、先程の金属パーツの上に、架台と呼ばれる金属レールを設置していきます。

このレールの上に、太陽光パネルがのっていきます。

 

太陽光モジュール(CS-320G31

《設置後》

長州産業の太陽光パネル「プレミアムブルー」は、発電ロスを抑える「リアエミッタヘテロ接合構造セル」と紫外線も最大限に活用する「波長変換機能」との相乗効果で、高い発電性能を可能にしています。

また、太陽電池の表面温度は夏場の晴天時で75℃にもなり、一般的な結晶系シリコン太陽電池では発電電力が大幅に低下してしまいます。

「リアエミッタヘテロ接合構造セル」は、優れた温度特性により、夏場の高温時でも発電量の低下を抑えます。

「プレミアムブルー」の名称は、その可視光が青く見える所からきており、モジュールが青く見えるのは、太陽光が持つ力を最大限に引き出している証です。


パワーコンディショナ(SSITL55A6CS)


カラーモニター(CMCS-P03)


 

太陽光発電システムは、自然のエネルギーを利用して発電するので、COsが削減出来るエコな発電システムです。

未来に豊かな自然環境を残す為にも、エコな太陽光発電システムにシフトしてみてはいかがでしょうか?

 

他の太陽光発電システム設置の事例はこちらからご覧いただけます。

詳しい説明をご希望の方はこちらよりお問い合わせ下さい。

施工場所 福岡県朝倉市
工事箇所 スレート瓦・切妻屋根、北西・南東向きの屋根
工事期間 1日
施工種類 スレートアンカー方式

お客さまのコメント