太陽光発電システム

福岡県嘉穂郡のF様邸にて、太陽光発電システムを設置しました!

福岡県嘉穂郡のF様邸にて、太陽光発電システムを設置しました!

福岡県嘉穂郡のF様邸にて、長州産業の太陽光発電システム(CS-286G31)を設置工事をさせていただきました。

F様邸は金属瓦棒の差しかけ屋根です。南西側の屋根一面に計35枚の太陽光パネルを設置しました。

 


《アンカー金具》

あらかじめシミュレーションにて太陽光パネルを設置する位置を決めておき、実際に工事日には設置する位置に合わせて印をつけ、

まずはアンカー金具を屋根材に取り付けていきます。

 

屋根の流れに合わせて、金具部分からの雨水の侵入を防ぐため、防水処置(コーキング処置)を施していきます。

 


《架台》

全ての金具を屋根に取り付け、コーキング処置を施すと、

次に、太陽光パネルを支えるフレーム(架台)を設置していきます。

 


《施工後(CS-286G31)》

長州産業の太陽電池モジュール「プレミアムブルー」タイプのパネルです。

独自のシリコン層の採用により、電荷の消失を抑えることに加え、電気抵抗を小さくして送電ロスを抑えたセル構造になっています。

発電性能を高めるだけでなく、この構造セルは夏場の高温時の発電ロスも抑えられます。

一般的な結晶系シリコン太陽電池では、夏の晴天時にモジュールの表面温度が75℃にもなるため発電電力が大幅に低下してしまいます。

「プレミアムブルー」タイプであれば、温度特性が優れているため、夏場の高温時でも発電量の低下を抑えられて負けずに発電してくれます。

 


《パワーコンディショナ》

屋内設置タイプのパワーコンディショナです。

雨風にさらされることがないので、水や湿気などによる環境ダメージを受けることが少なく、メンテナンス頻度もそう多くないのは嬉しいですね。

 


「自宅の屋根にはどのくらいの太陽光パネルを乗せられるかな?」

「どの屋根面に乗せるのが適切かな?見栄えはどうだろう?」

→詳しい説明をご希望の方はこちらへお問い合わせ下さい。

施工場所 福岡県嘉穂郡
工事箇所 金属瓦棒、差しかけ屋根、南西側の屋根
工事期間 1日
施工種類 ストレートアンカー方式

お客さまのコメント