画像:「アフターフォローも充実の太陽光発電・蓄電池販売」、「知人に紹介したい蓄電池販売」、「顧客満足度」の3部門でNo.1を取得しました! 画像:「アフターフォローも充実の太陽光発電・蓄電池販売」、「知人に紹介したい蓄電池販売」、「顧客満足度」の3部門でNo.1を取得しました!

新日本エネックスは、福岡ソフトバンクホークス及びアビスパ福岡のオフィシャルスポンサーです。

瑕疵ってなんのこと??


契約に従って実行(住宅の引渡しや工事の完了)したものの、約束どおりの「性能」、「品質」が確保できていないことをいいます。

 

リフォーム瑕疵保険とは

「リフォーム」や「保険」はよく聞きますが、「瑕疵」という言葉はなかなか聞く機会がないのではないでしょうか。

 この「瑕疵」という言葉、簡単に言えば『欠陥』や『不具合』のことで、法律で定められた状態や当事者が予想する正常な状態が欠けていることを指します。

具体的には『工事完了後、早々に雨漏りが発生した』、『契約内容と工事内容が異なっていた』といった場合がリフォーム瑕疵にあたります。
こういった瑕疵を保証してくれるのがリフォーム瑕疵(かし)保険です。

国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人より派遣された建築士が工事中や工事完了後に欠陥がないかを「検査」し、確認します。

工事完了後もリフォーム瑕疵(かし)保険が定める保証期間内において瑕疵が発生した場合は保証の対象となるので安心です。

リフォームしたばかりなのに雨漏りしている

工事のトラブル

 

 

 

 

 

 

 

 

新日本エネックスはJIOリフォーム瑕疵保険の登録事業者として「国土交通大臣指定 住宅瑕疵担保責任保険法人 株式会社 日本住宅保証検査機構」

と「一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会」のホームページに掲載されています。ご確認ください。

(株)新日本エネックスの確かな工事品質と10年の施工保証に
第三者機関による検査と保証でダブルの安心

どんな工事においても最適なご提案をし、最高の施工品質で、ご期待以上の工事をお届けする、これが新日本エネックスのモットーです。

工事とサービスには絶対の自信があります。
リフォーム瑕疵保険をご利用になった場合、新日本エネックスの施工品質に加え、第三者(建築士)による検査も行われます。

分かりにくい工事とその内容もプロの第三者の公正な目で検査されるとなれば、お客様もより安心していただけるのはではないでしょうか。
第三者機関による検査を受けたとなれば、街の屋根やさん保証期間がなぜ他の業者よりも長いのかをご理解いただけると思います。

リフォーム瑕疵保険JIO

日本住宅保証検査機構

 

 

 

 

 

瑕疵が発生した場合、補修費用の80%を保険で賄うことができます

■万が一、瑕疵が発生したとしても、
その補修費用の80%の相当額を保険で賄うことができます。

■施工業者が倒産してしまった場合でも、
瑕疵補修費用の80%の相当額がお客様へ直接支払われるので、安心です。

保険金の支払限度額最高1,000 万円

限度額

 

 

 

保険金は工事の金額に応じて100万円~1,000万円まで選択できます。

詳しくは保険の支払い対象と保険料金をご覧ください。

リフォーム瑕疵保険は
お客様のご要望に応じて事業者が加入する任意保険です。

リフォーム瑕疵保険は強制ではなく、任意保険です。お客様のご希望に応じて、

事業者が工事ごとに加入いたします。保険料は工事代金の総額の4~5%程度です。
詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ねください。

リフォーム瑕疵保険手続きからご利用までの流れ

瑕疵が発生した場合の流れ

 

 

 

 

 

 

 

○瑕疵が発生した場合の流れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業者が倒産などの場合
業者が倒産した場合などはお客様と株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)との間で直接、保険金の請求・支払いが行われます。

リフォーム瑕疵保険登録事業者かどうかも
業者選びのポイントにしてください。

リフォーム瑕疵保険登録事業者かどうか、登録事業者はホームページで公開

JIO

保険法人へ事業者登録しなければ、事業者はリフォーム瑕疵保険へ加入し、利用することができません。

当然のことながら、事業者登録にも審査があります。基準を満たせない場合は登録できないのです。
登録事業者は住宅瑕疵担保責任保険法人のホームページで公開されており、保険証券発行の回数なども掲載されてます。

ここに掲載されている事業者はプロの第三者の公正な目で検査されることを意識して施工していますから、それなりに信頼できると考えて良いでしょう。

また、欠陥リフォームなどの瑕疵を繰り返しているような技術的に問題のある事業者は登録を抹消されてしまいます。
当然のことながら、登録されている事業者は未登録の事業者よりも安心ですし、実績もあるのです。
さらに、登録事業者は良心的な事業者と考えても良いのではないでしょうか。
事業者独自の保証制度がいくら充実していても、その会社が倒産してしまったのでは全く意味がありません。

万が一の時に「お客様にはご迷惑をかけられない」という考えから、

登録事業者となっているところも多いのです(一概には言えませんが、前述のようにお客様を第一に考えている会社は経営も健全なところが多いのです)。

リフォーム瑕疵保険は任意保険のため、ご利用するとお客様のご負担は増えてしまいますが、弊社ではご利用を勧めております。



○登録事業者になるためには、厳正な審査を通過しなければなりません。

事業者登録をするのは厳正な審査を通過して事業者登録が出来る

 

 

 

 

万が一、事業者が倒産してしまった後に工事部分に不具合が起こっても

万が一、事業者が倒産してしまった後に工事部分に不具合が起こっても

保険期間内であれば発注者様から保障費用をJIOに直接請求できます!

保障費用をJIOに直接請求できます!

仮住居費用と転居費用も支払い対象です

保険の支払い対象は実際の補修費用の他、補修内容や金額を確定するための調査費用、
調査や補修工事中に一時的な転居を余儀なくされた場合の仮住居費用と転居費用にも適用される場合がございます。

保険期間は対象部分によって変わりますので、あらかじめ保証内容をご確認ください。

リフォーム瑕疵保険は、お客様からご依頼いただいた案件ごとに、工事着工前のお申し込みが必要です。


○保証対象部分とその期間
1.構造
2.防水
3.その他
保険

対象部分
①構造耐力上主要な部分が基本的な耐力性能を満たさないこと
②雨水の浸入を防止する部分が防水性能を満たさないこと
上記①②以外の部分が、社会通念上必要とされる性能を満たさないこと
保険期間
5年間ただし、事故となる事由の③に起因した損害については1年
1年間

木造(軸組工法)戸建住宅の例

下図の部分に対して実施したリフォーム工事部分に瑕疵があった場合が事故の対象になります。

木造(軸組工法)戸建住宅の例

住宅の構造

 

○JIOリフォームかし保険料金

保険契約1件あたりの料金は、保険料と検査料の合計金額です。
工事の内容により、選択できる保険金の支払限度額や必要な検査回数が異なります。

保険料(非課税、単位:円):リフォーム工事のみ行う場合

※リフォーム工事部分の保険料は、リフォーム工事部分の請負金額(増築工事部分を除く)により選択した保険金の支払限度額によって変わります。
・リフォーム工事部分の請負金額が1,000万円を超える場合でも保険金の支払限度額は1,000万円です。
※増築工事*を実施する場合は、別途増築工事専用の料金設定がございます。
増築工事部分の床面積により保険料が異なります。
*増築工事:対象住宅の基礎の外周部の外側に基礎の新設を伴う工事

検査料1

●リフォーム工事に指定の構造耐力上主要な部分(構造)または雨水の浸入を防止する部分(防水)の工事が含まれる場合は、工事完了検査のほかに工事中検査を行います。


ご相談はこちらから

メールからのご連絡も承ります。

メールによるお問い合わせはコチラ